近視手術「ICL」について

ICL 角膜を削らない近視矯正見出し

17歳で約3割が0.2以下の裸眼視力です

最新の近視手術 ICL 角膜を削らない近視矯正

  • 全国150院、県内17院のみで施術可能
  • 保険対象外(自由診療)の手術です
  • 21歳から45歳ぐらいまで

眼内レンズをインプラントし、メガネのいらない生活を

角膜を削らない近視矯正とは

近視矯正手術も従来の角膜を削るレーシックと違い、小さな切開創のみで行う新しい近視矯正手術「ICL」は、これまでレーシックを受けられなかった強度の近視の方も治療可能。
虹彩と水晶体の間にレンズを埋め込む手術方法で、角膜を傷つけないので、術後のドライアイや角膜への影響が少ない、最新の治療方法です。

手術方法

手術方法

参考:ICL

ICL とレーシックの違い

大きな違いは角膜を削らないこと。ICLは小さな切開創から眼内レンズを挿入します。そのためドライアイや角膜の脆弱化が少ないと言われています。

スポーツにも適している

衝撃に強いため米軍やNASAでも採用されており、国内外でも多くのアスリートに施術されています。手術時間が短く切開創が小さいことから回復が早いので、ほとんどの方が手術翌日から普段の生活を送ることができます。

ICL 認定眼科は全国で100院のみ

ICL認定眼科にて、「ICL」の手術を受けられます。
(費用は片眼24万~、乱視の場合31万円)

ICLの特徴

・負担が少ない矯正手術・・・角膜形状をほとんど変化させず、視力矯正を行います。
・広い適応範囲・・・近視の強い方や角膜が薄く、レーシックを受けることが出来ない方も可能

患者様の感想はこちら

レーシックのように角膜の間に眼内レンズを埋め込みます。老眼や、経年とともに視力にあわなくなった時には、眼内レンズを変えるだけでその時の視力に対応できます。

9つの特徴・メリット

9つの特徴・メリット

まずは診察をご予約ください 診察・ご相談のうえ最適な手術をアドバイスいたします。 0467-33-4335(電話予約可)

医療法人風航会 シーサイド眼科茅ヶ崎 JR「茅ヶ崎駅」南口より徒歩1分 0467-33-4335

〒253-0052 神奈川県茅ヶ崎市幸町2-18 武藤ビル2F
診療時間:午前 9:30~12:30/午後 14:30~17:30 (受付はそれぞれ15分前開始、15分前終了)
休診日:土曜日、日曜日、祝祭日
※火曜・水曜の午後は特殊外来となります。

診療時間案内

アクセスマップ